佐世保の広告·印刷·Web制作・映像編集・出版の会社「有限会社エスケイ・アイ・コーポレーション」

佐世保の印刷・WEb制作の相談所

本を出版したい方へ!失敗しない予算の使い方!

出版

今回のテーマは、一体出版に費用はいくらかかるのか!
という予算のポイントを
目的別にご説明したいと思います。

本はつくりたいけど、一体どのくらいのお金が掛かるんだろう?
皆さん、気になりますよね?

私たち芸文堂では、これまでに約1000種類以上の出版物を創ってきました。

これまでの経験でいいますと、
もっとも安い予算でできたものというのは10万円前後。

一番多いボリュームゾーンは、50万円~100万以内。

贅沢な仕様にしたり、本屋さんに流通させたり
いろいろな工夫をして様々な仕様を盛り込んでいきますと、
200万前後になることもあります。

その差はどういうところで出てくるのか、
それを、「出版の目的別」に、簡単にご説明します。

まず一番安いクラスは、
ほとんどご自分でパソコンの中で作って
ページレイアウトを完成させて、
そのまま本にするだけという形のもの。

内容は自分で完成させるが、
「本の形」として、できるだけカッコいいそれらしいものにしたい!
そんな方のためのプランです。

その場合だと10万円前後くらいで、
冊数とか形とかページ数とかによって変わりますが、
そのくらいの予算で出来ます!
この段階でも、装丁デザインのアドバイスなどで、
より良い本にするお手伝いをできると思います。

さらに、本格的に本づくりをやろうとする場合、
どこが違ってくるのでしょうか?

実際に本をつくる方は、何のためにつくるのでしょう?

読んだ人に「感動」してもらいたい、
あるいは読んでもらった時に、
「恥をかきたくない」という方は非常に多いのです。

間違ったものを印刷して、そのまま出版してしまったら
恥ずかしいじゃないですか?

それを防止する意味も含めて、
一生懸命「編集のお手伝い」、「校正のお手伝い」をすることで
できるだけ完成度を高めていく。

そういうことまでしっかり一緒にやっていくと50万~100万くらいの予算で
出版していただいているケースが多くなります。

その中での金額の差は何かといいますと、
白黒でつくるか?カラーでつくるか?
ページ数がどのくらいあるか?
何部作るか?どのような装丁・製本にするか?
というところが金額の差になりますが、
この概算の幅が、ほぼ当てはまってくると思います。

さらに、「本屋さんに流通」させて、
広く一般の方の目に触れ、購入して欲しい。
ということになりますと、
どうやったら人の目にとまって
それが売れていくのだろうということを、一緒に考えていきます。

そうなるといろんな仕様を盛り込んだり、
調査したり、仕様を加えていきますので、
その予算が大体200万を超えるような場合もあります。

しかし、地方出版の形で販売していく場合、
市場規模の問題もあって、
はっきり言って売ってもとをとるという事は難しいと思います。

しかし、本を出版し、販売した結果、
もとをとるかどうかという問題よりも
それをはるかに超える価値を生み出したというお話をよく聞いています。

本を出版したことが、新聞やラジオ、テレビで取り上げられた。
本屋さんで購入した方が、生徒さんになり、クラスが増えた。
その報道を見た方々から、講演の依頼がきた。
展示会の依頼がきた。などなど・・・

出版することで、その方の人柄や、実績が
広く知られることになり、
その方の、社会的ポジションを高めてくれる効果が出る。

これは、もちろん、その方の活動や
哲学など、伝わる中身にもよりますので、
一概に必ずそうなりますと言えるものではありませんが、
これまでに、多くの出版していただいた方から、
こういう感想や、お話をいただきました。

何が目的で、どういう出版にしたい。
どういう本が欲しい。
どれぐらいの予算がかけられのか、
まずは、そういうことをしっかりとご相談いただきながら、
その方に合ったプランを考えてまいります。

芸文堂ではお客様の目的と、ご予算にあった、
満足していただける本づくりを目指しています。

これまでに1000件以上の出版をお手伝いしている
芸文堂に、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

この記事を書いた人

スタッフ紹介

関連記事

関連アイテムはまだありません。