データ入稿・作成

印刷データ作成・入稿にあたっての最低限の注意事項

※データ作成のおおまかな流れ※

ラフ原稿にあわせて使用画像をPhotoshop上でリサイズ及び適正なモード(CMYK・グレースケール)解像度 (350dpi)に変更、画像加工補正・クリッピングパスの作成を行います。保存は「PhotoshopEPS(8bit)Jpeg圧縮」で行います。テキスト原稿は、テキストエディタで文字入力校正を済ませたものを、画像と共に配置、色はCMYKカラーで作成していきます。Illustratorでの作業中の保存形式は、Illustrator(ai)互換性はご使用のバージョン(当社は、Ver8での作成を推奨しておりますが、バージョンを下げての保存しないで下さい)当社への入稿時にはフォントにアウトライン作成の上、「EPS」か「AI」形式で保存して使用画像と共にご入稿ください。

※ご注意: 元画像(psd)は、必ずバックアップとってください。
  • 保存形式は、「EPS」で!
    配置データは、必ず「EPS」で、画像データは「CMYK」PhotoshopEPS(8bit)Jpeg圧縮
  • 「単一フォルダ」でご入稿下さい
    ドキュメントファイルと配置データは、同一階層に保存して下さい。別フォルダですと、リンクが切れて再リンク処理が必要になり間違いの元になります。
  • 色はCMYKカラーで作成して下さい
    スウォッチカラー・RGBカラーは絶対使用しないで下さい。(特色や1色・2色印刷の場合、CMYKの内のどれかに割り振って作成したもの入稿願います)
      リサイズ: イメージ→画像解像度→画像再サンプルのチェックを外して、解像度を350dpiにして、再サンプルのチェックを入れ、幅か高さのいずれかを使用サイズにして→OK。
  • フォントはすべて「アウトライン」をとって下さい アウトライン前の(ai)データも一緒に、ご入稿下さい。
  • 裁ち切り絵柄のあるデータについては、裁ち落とし絵柄のある仕上線の外側3mmの塗り足しを作成して下さい。
  • トンボの作成は
    フィルター→クリエイト→トリムマークで行って下さい。
  • 版ずれによる地抜け防止の為のトラッピング・墨ノセの指示はお客様でお願いします。当社では、お客様データのまま出力印刷となります。
     トラッピング: 必アイテムの塗りと同じ色にした線幅に0.3pitほどの数値を入れ属性タブを選んで「線にオーバープリント」にチェックを入れて下さい。
     墨ノセ: 必要アイテムを選択の上カラーパレットの属性タブを選んで、「塗り線両方のオーバープリント」にチェックを入れて下さい。
  • ドキュメントサイズ、出力見本・使用フォントリスト・連絡先(問い合わせ担当者名及び電話番号)を明記したものを添付して下さい。
  • 特記: 当社でデータチェックの上お客様作成データのまま出力印刷出来ない時は、修正直し作業をお願いします。当社での修正直し作業が発生致した場合別途ご相談申し上げます。お約束の金額とは、別に料金が発生します。

※Windows作成データの印刷もお引き受けします。お気軽にお問い合わせ下さい

※データ入稿についてはこちらのインターネットらくらく入稿をご覧下さい。